自分にあった器材で快適なダイビングを

1/6

​GOODs

S1_Awrd_1599561514768.jpg
lefeet.jpg

ダイビング器材、海遊びで使える商品のご紹介

diveaward_t.jpg

Maintenance

ダイビング器材のメンテナンス

 

スク

《必要性》

水中で陸上のように、はっきりとした視界を確保するためにマスクは必要。

人間は目と水の間に空間の層がないと視界がぼやけてしまうからです。

※水泳のゴーグルとの違いは、水圧に対応するために鼻が覆われていたり、レンズが強化ガラスでできていることです。

《タイプ》

レンズは1枚(1眼タイプ)と2枚(2眼タイプ)があり、視野が広いのは1枚のタイプです。

視力が悪い方は、2枚のレンズのタイプを選ぶと度付きのレンズをが入れられます。最近は、使い捨てコンタクトを利用することも可能です。

スカート部分は柔らかいシリコンタイプがオススメ。

《選び方》

フィット感、レンズ、見やすさ以外に、デザインとカラーも豊富にあり大切なポイント。

男女サイズが違うもののあるので、あとは自分の顔と視力に合ったもので鼻がつまみやすいものをインストラクターと相談して選びましょう。

 

ノーケル

《必要性》

スノーケルを使用すると、水面で顔をつけて呼吸が可能に。水面移動時に、タンクの空気を節約することができたり、万が一のエアー切れでも水面で呼吸が確保できます。

スノーケリングやスキンダイビングでも使用し、ドルフィンスイムなどでは接近できる利点がある。

《タイプ》

筒が太いほうが呼吸がしやすいが、水は排出しにくい。

マウスピースのサイズも大小ある。排気弁がついているものや水の侵入を防ぐ構造になっているものもある。

《選び方》

肺活量により筒の太さや、口のサイズに合わせたマウスピースを選ぶ。

カラーやサイズ以外に初心者は排気弁・水除がついているタイプがオススメ。

 

ィン

《必要性》

水中を効率的に楽に移動するために使用します。水中での動きやすさ、疲れ具合、快適さにとても重要です。

《タイプ》

フルフットとストラップの2タイプがあり、フルフットは調節ができないが、フィット感は抜群。

ブレードが大きめのタイプや硬いタイプは脚力が必要になり、小さく柔らかいタイプは初心者や脚力のない方向け。

素材もプラスチックやゴムタイプなど様々なものがある。

《選び方》

脚力やダイビングスキルレベルに応じて、形状タイプや硬さなどが変わってきます。

スーツのタイプによっても選び方は変わります。

ダイビングを続けていくにつれて、自分自身に合ったものを買い替えていきましょう。

カラーやデザインも豊富にありますのでご自分らしい器材をお選びいただけます。