2016年8月9日~15日小笠原

新しいおがさわら丸で、24時間の船旅で小笠原諸島へ行ってきました!

小笠原と言えば、世界遺産の島でもあり、水中はもちろん陸上の動植物が固有のものが多く、東洋のガラパゴスと呼ばれています。国内外から多くの観光客が訪れる人気の島。でもなかなかいけない憧れの島でもあります。



まず7月に就航したばかりのおが丸は、とってもキレイで快適でした。2等客室も大部屋から小部屋で区分けされ、更衣室・荷物置きも完備。もちろんシャワー・レストラン・カフェも健在です。

船の移動は苦手という方もいますが、揺れもほとんどなく、飛行機に比べて足を延ばして身体を休めることができ、自由に船内を動いたり、好きなものを食べたり飲んだりできるのはとてもいいです。何より、帰る日にも潜れるのが最高ですね♪



ということで爆睡したり、お酒を飲んだり、オリンピックの応援をしたりしている間に、おがさわら丸に到着です⤴

到着早々ダイビングでは、ホワイトチップシャーク、ユウゼンなどが見れました。その他、マダラトビエイやカツオの群れも・・・。



宿泊とダイビングは今回も、パパスアイランドリゾートにお世話になりました。



パパスさんでは、島の食材を使用した食事は絶品です。



夕食後は、1日前に生まれたアオウミガメを海に放流してきました!卵から孵るために、最初から口だけはとても固くなっているコガメ(^_-)-☆とてもかわいいです。

海の方へ、みんな一目散に歩いて向かっていきました。なかなか体験できないことを体験できて、本当に良かったですね!そのほか、固有種の小笠原オオコウモリを見たりと、電波塔に行ったりとみなさん大満足の初日でした!



2日目のダイビングでは、ユウゼン・タテジマキンチャクダイの幼魚・ヘルフリッチ等見てきました。そしてこの日は、ナイトダイビング迄してきましたよ⤴

ナイトではブダイが膜を張って寝ていたり、大きなゴシキエビがワサワサいたり(笑)

1日4ダイブと沢山潜り、思いっきり楽しんできました(´▽`)



3日目ダイビングでは、様々な種類の沢山の群れやカメを見てきました。小笠原らしい魚影の濃いポイントで楽しめました!



そしてこの日は、高橋茂子さんの150本記念ダイブ!バースデーの渡来秀樹さんと一緒にお祝いです(/・ω・)/

お二人とも、ダイビング経験は10年以上。本当におめでとうございました🎊



この日は、外へ夕食へ出かけた後、小笠原の盆踊りのお祭りへ行きました⤴食後なのに更に食べてしまったり、小笠原音頭で踊ったりしてきました(笑)



4日目のダイビングは、テングダイやノコギリダイの群れを見てきました⤴元気に3ダイブを楽しみました!



最終の夜は、高橋さんのお祝いを兼ねてチャーリーブラウンで夕食。お祝いのケーキと同時に花火がスタート!

皆で外に出てしばらく鑑賞しました。この日も花火の後、盆踊りへ。小笠原音頭が頭の中をグルグル・・・(笑)




そしていよいよ帰る日の最後のダイビングです。帰る日は午前中に2ダイブしてきました。大きなマダラトビエイが出て興奮して撮影していると、その正面からイルカが2頭泳いできました⤴みんなの周りをぐるぐると泳いで遊んでくれましたよ~(*^^)v

きれいな体にかわいい目が印象的なイルカ!カメラを覗き込んできたりと興味深々で、しばらくいましたが、また仲良く泳いでいきました!そのあともカメが出たりと、最後にふさわしいダイビングでした!



大興奮のダイビングの後は、パパスさんのカフェで人気の海鮮丼を食べて、クジラと記念撮影♪



おがさわら丸の出港の時は、もはや恒例ともいえる、ダイビング船でのお見送りと飛込みを見て、再び帰路竹芝桟橋まで24時間の旅です。始まってみるとあっという間の1週間。

ご参加頂いたゲストの皆さま、お世話になったパパスダイビング&リゾートの皆さんありがとうございました!

色々な生物との出会いと島の人達の優しさ、澄んだボニンブルーの海が小笠原のリピーターになってしまう理由なんだなといつも思います。24時間かけても、絶対に行く価値のある小笠原。日本人なら一度は行って欲しいオススメの海です。

同行スタッフ:村田恵美

0回の閲覧0件のコメント