ボホールバリカサグツアーへ行ってきました!

2月の終わりにフィリピンのバリカサグを目指し、ボホールツアーへ行ってきました。

ボホールへは羽田空港からマニラへ。国内線に乗り継ぎパングラオへ。

空港から約20分ほどのところにある場所になります。


バリカサグはボホールからさらに南に位置する小さな島で、そこは、1日の入島人数を制限しているため、手付かずのサンゴ礁と、ギンガメアジ、バラクーダの群れが見れる海としてダイバーの憧れの場所となっています。

早速到着後からホテル目の前のポイントからボートダイビングです。

ホテルは、まさにプチリゾートのような、ビーチまでは部屋から1分(笑)

ダイビングショップも併設されていてとても使い勝手のいいホテルです。

なんといっても、レストランの目の前は白砂が綺麗なビーチが!!!

毎朝気持ちのいい風を感じながら優雅な朝食でした♪

今回のツアーでは、合計10ダイブとどうにかしちゃってるほどたっぷりダイビングを楽しみました(笑)


まず、ホテル周辺のパングラオエリア♪

カエルアンコウやカクレエビ、カニダマシなどマクロがいっぱい。


ここには何がいるかな~って探しながら潜ると何かが擬態していたりと、飽きない海でした(^^♪


そしてなんといっても、サンゴに群れているハナダイの鮮やかさ。

まるで花吹雪のようにひらひら~と気持ちよく泳いでいて、ずーっと見ていられる感じでした。


クマノミもいたるところにいて、被写体に困らない海でしたね~


そして、ダイバーが憧れる海のバリカサグでは、とにかくグルクマ、ウメイロモドキ、クマザサハナムロの群れ!!!


そして水面付近にはイワシの群れも。

残念ながら、季節風の影響で、濁りがきつく、ギンガメアジやバラクーダは近くで見れませんでしたが心の目ではぐるぐる回る魚達が見えたはず…(笑)

地形的には、なんか大物が来るのでは…とドキドキするものがありました。


今回のツアーでは、中国人の方たちのキャンセルが相次ぎ、バリカサグに2日間ダイビングすることができました(^^♪

カメのお食事風景もじっくりと観察できて、一緒に泳いじゃったりなんかして(^^♪

透明度は悪いながらとっても生物豊富な海でした。


サンセットナイトまで潜り倒して、マンダリンフィッシュ(ニシキテグリ)を狙ってきました!

小ぶりのサイズのニシキテグリはとっても愛らしいカップルでした💛


そ~っとお邪魔しちゃいましたね(笑)


そして今回は小宮さんとキセ子さん2名のお客様が記念ダイビングでした~

キセ子さん550本


小宮さん900本!!!


お二人共おめでとうございます♪


ダイブアワードからはささやかですが、皆様のダイビングの記念をお祝いさせていただいてます(^^)/

沢山潜っていただきありがとうございます。

お二人共本当におめでとうございました~!!


夕方になると、各お店は次第にライトアップして、ビーチもムーディーな雰囲気に変わっていきます。

リゾートっぽくて素敵です。


食事もいろ~んな食べ物があって滞在中飽きずに過ごせました♪

特に、フィリピンならではのチキンの丸焼きはゆっくり火を通すからか、本当に美味しくて、最高でした!


皆で来るといろんなものが食べられて得した気分ですね♪

デザートもいろんなところで食べつくし(笑)


格安なマッサージも堪能して本当に楽しい楽しい5日間でした。


コロナ流行の前に行けてよかった…

本当に皆様ご参加ありがとうございました~!


同行スタッフ 小澤裕実

1回の閲覧0件のコメント